建設業者設計施工

建設業者設計施工の場合は建設業者を先に選定し、その業者に設計図面・仕様書等を作成してもらいます。設計事務所に依頼するよりは安くなります。アパート専門の建設業者に依頼すると、そうした業者はそれぞれのタイプにあった設計図面や仕様書を持っていますので、それに修正を加えるだけである程度の設計図面ができあがります。こうして建設業者のものを利用すると、早く割安に設計が立てられるので便利です。プレハブーメーカーはアパート建築の経験も多く、かなり豊富に資料を持っています。また会社内に一級建築士の資格を持った人がいますので設計を依頼しても大丈夫です。結論として、設計は、中高層の鉄筋や鉄骨造は設計事務所に、低層のアパートはプレハブメーカーに依頼すればいいでしょう。設計図の役目設計図は、工事をするための指図書の役目をするものです。少し分かりにくいかも知れませんが、平面図を見れば各部屋の間取りや広さが分かりますし、立面図を見れば建物の外観が分かります。この設計図の段階で、納得のいくまで設計担当者の人と話し合うことが大切です。後になって設計変更するとなると、建築費が割高になるばかりでなく、工程が狂うなどマイナス要因ばかりが発生します。